ベム公開舞台挨拶

妖怪さんもヲタも大移動&一気に駆け抜けた2日間でした

お友達の協力もあり、この土日2日間・計4回、舞台挨拶を見ることができました



TOHOシネマズ錦糸町


登壇者は妖怪さん3人


ステージに上がったところに置いてあるマイクスタンドからマイクを取る3人。
ワイヤレスマイクじゃなく有線マイクだったので、そのケーブルさばきを、ベラのムチのようにさばいてるのが面白かった

この劇場、席はE列だったから、見やすい席だったのに、1つ残念だったのは登壇中、照明(スポットライト)がまったく無かったこと

あれ、きっと後ろの方の席の人は表情とか多分あんまり見えなかったんじゃないかな。しかもカメちゃんはベムのハットを被ってるから、目も分かりずらいし。。。


挨拶やトークの内容は他の会場と変わりなく


質問コーナーが突然始まり、一瞬会場の空気が止まったってゆーか、お客さんみんな「そんなの聞いてないよぅ~」状態(笑)


なので、司会者から「質問ある方」って言われても誰も手をあげず・・・

会場、誰も手を挙げてないけど、カメちゃんが質問者を選ぶことに



福くんより1つ下の学年の男の子からの質問が
「ベロが鼻をカニに挟まれるシーンがあるけど、痛くなかったですか?」

うん、子供同士ナイスな質問



これに答える福くんがカメちゃんに確かめるように
「う~ん。これ言ってもいいのかな」って確認して、カメちゃんから「いいよ。ここだけの話だから」みたいな。


「あのカニはスタッフさんが作った物で、テープで鼻に止めてるだけなので、あんまり痛くなかった」って事だそうです。

そう教えてもらえると、なんか次からそこを一応ちゃんと確認するように見ちゃう




新宿バルト9


一応、この日の最後の舞台挨拶。


3人が順番に自己紹介的な挨拶をする時。

カメちゃんの次に杏ちゃんが、ベラの口調で言葉を言い始めたら・・・


マイクのスイッチが入ってなかったとゆー


杏ちゃん、舞台に崩れ落ちました

カメちゃんも大ウケで、面白かったーー



この日はどこの劇場でもパンツネタがテッパンだったようで。

でも私が見たこの2会場では、そのネタのふりまではあったけど、結局何色だったのかまでは話に出ませんでした。






川崎チネチッタ


ここは映画は超見づらかったけど、挨拶では超近いB列(実質1列目)でした~

この回はカメちゃんと福くんの2人。


撮影エピソードは、おなじみの内容だったんだけど。

夏に撮影したから、日焼けや蚊に刺されちゃダメな話。

やっぱり福くんがいつもで刺されちゃうってとこから、福くんが

リハでなんともなかったのに本番で、刺されたとこが「プク~ってなっちゃう」って言ったら、カメちゃんがすかさず


“鈴木ぷく~(すずきふく)” ってね と。



自分で言ってウケてるし、なんかそこは珍しくカメが面白かったけど、福くんにはあんまり伝わらず



ここも福くんがいたから、いつもなら面白くない(毒吐き失礼)なカメちゃんもなんとか面白くなってたけど、あと残す六本木は一応登壇者はカメ1人になってるから、どうなるのかなぁ~と思いつつ移動





TOHOシネマズ六本木ヒルズ


ココ、ホント見れてヨカッタ~~


登壇者はカメちゃんと監督さん。


監督さんがイイ味出して喋ってくれたお陰で、面白かったし、今まで妖怪さん3人の時には聞けなかった話も聞くことができました


質問コーナーで、カメちゃんはお客さんからの感想を聞いてちょっと、うるっってきてました。



最後の挨拶のところで、まずは監督さんから。そして次にカメちゃんってなる前にサプライズでお疲れ様の花束が監督さんから手渡され、がっつり固い握手をしてました


そしていよいよホントにこの2日間舞台挨拶の、最後の最後のカメちゃんの挨拶。

今までのように、話初めてたら、だんだんこの作品への思いが溢れてきて。。。

カメちゃんついに言葉に詰まっちゃって、みるみる涙がこみ上げてきちゃって


これはもう私もただただ、涙。。。

だって、カメちゃんがこの作品にどれだけ思いがあって、挑み作ってきたかはいろんなインタビューでいっぱい知ってきたし。

でも、なにより驚いたのが、カメちゃんって今までこーゆー感じで人前で泣くって事がなかったから


ドラマやお芝居で泣く事はあっても、自分の事でってゆーのは無くて。あったとしても私の記憶ではデビューコンの東京ドーム最終日に一瞬泣くのをこらえるって感じで後ろ向いちゃったってのはあるけど、それもホント一瞬だったし。


この涙に込められた思いって、ファンにも充分伝わってるよ、カメちゃん

ただ、やっぱり亀梨和也のスゴイところって、その泣いちゃったあと、ちゃんと建て直して最後まで挨拶が出来てしまうところ


さすがだなぁ~って思いました。






もうベムの衣装を着てファンの前に立つ事もこれが最後って言ってたし、この後『Going』あるしって言ってだけど、ベムの格好のまま出ちゃったら?みたいな事を、多分監督が言ってかな?

カメちゃん苦笑いで、「誰か代わりに誤ってくれるなら」って言ってた


確かにこの2日間、ずっとベムの格好で舞台挨拶をして、本当にファンの前にベムの衣装で会うって事はないかもしれないけど、きっとさ、また【満員御礼】的な舞台挨拶ってやるよね

その時はもうベムの格好じゃないかな? 《亀梨和也》で登壇かな?



完成披露試写会も含め、数回見たけどやっぱりいい作品だと思います。

カメちゃんたちの込められた思いって絶対、見た人に伝わってると思う。



作品を作る・提供する側はやっぱり興行収入や興行成績って大事だと思うけど、少なくとも妖怪さん3人にはシンプルに「映画がよかったよ」って言葉がいっぱい伝わってるといいなぁ~。




まっ、やっぱあとは単純にもう1度、【満員御礼】的な舞台挨拶をやってもらえると、また会える機会ができるからうれしいかなぁ~





カメちゃん、ほんとに、本当に素晴らしい作品でした。

夏の暑い日の撮影、全国28箇所の番宣活動、そしてこの駆け抜けた超忙しかった2日間の舞台挨拶、お疲れ様でした



いい作品に出会えてよかったね、カメちゃん








参加してます
ジャニーズブログランキング


六本木ヒルズ


スズキ・ソリオのツリー、見てきました

20121216183651.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あず

Author:あず
KAT-TUNの亀、SMAPの中居、好きだからダメだしもいっぱい
仕事も忙しいけど、KAT-TUN事も必死(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク